美肌の女性が多い県のグランプリが発表!

1992年にスタートしている化粧品大手ポーラの
肌が美しい女性の多い都道府県を順位付けをした

「ニッポン美肌県グランプリ」ですが
「ニッポン美肌県グランプリ2017」を発表しましたね。

1位 富山県
2位 石川県
3位 秋田県

富山県(前年8位)が初の1位となり、

2位に同じ北陸地方の石川県(前年6位)が入りました。
3位は秋田県です。

 

富山県は「きめが整っている」「しみができにくい」などの項目で高得点を獲得。

前年は8位でしたが、
「調査期間の降水量が最も多かったことが肌の潤いにプラスになった」

ということらしいですね。

前年1位だった広島県は10位に転落。

群馬県は2年連続の最下位です。

群馬は2012年からこれで4回目の最下位。


気になるでしょうから、
「ニッポン美肌県グランプリ2017」の3位以下、

全県の順位も掲載しておきましょう。

※今回の調査は、ポーラが2016年9月~2017年8月迄の1年間に集めた

女性の肌データ約66万件を分析した結果です。

  4位 岡山
  5位 愛媛
  6位 島根
  7位 京都
  8位 山形
  9位 東京
10位 広島
11位 高知
12位 長崎
13位 徳島
14位 山梨
15位 宮崎
16位 新潟
17位 奈良
18位 大阪
19位 宮城
20位 神奈川
21位 愛知
22位 長野
23位 福井
24位 北海道
25位 埼玉
26位 福島
27位 三重
28位 和歌山
29位 福岡
30位 兵庫
31位 佐賀
32位 千葉
33位 鳥取
34位 青森
35位 鹿児島
36位 山口
37位 栃木
38位 岐阜
39位 熊本
40位 岩手
41位 香川
42位 静岡
43位 滋賀
44位 沖縄
45位 茨城
46位 大分
47位 群馬

以上、47都道府県

参照 http://www.pola.co.jp/special/bihadaken/


富山県が1位の理由は・・・
-------------
キメ、シミやくすみ、毛穴などの項目が非常に良い結果でした。
日照時間が短く、降水量が多くて相対湿度も高いため、
なめらかな美肌を保ちやすい環境であることに加え、
良質な睡眠を心がける生活習慣がグランプリの要因だと考えられます。
-------------------
ということです。


そして、群馬県が最下位の理由は・・・
-----------------------------
水蒸気密度と気温が低く、秋冬は肌荒風が吹き、

日照時間も長いため、肌には大変過酷な環境です。
冬だけでなく、年間を通じて紫外線・乾燥・冷え対策を心がけましょう。
---------------------------------
ということです。

テレビ番組のWBSワールドビジネスサテライト

でもこの話題を取り上げていましたが、
番組の女性キャスターの一人が群馬県の生まれだそうで、
群馬県にいるときは、乾燥肌でお肌が常に粉吹き状態だったのが

東京に来てからはそれが治った。
と言っていましたね。


環境、風土というものがかなり影響しているんですね。


群馬県の女性は、これから、ますます、

かなりスキンケアに力を入れたほうが良いかもしれません。

群馬県だけでなく、

下位にいる県の女性の方々も今よりいっそうのお肌のお手入れは必要ですね。

ですが、これはあくまで最近の1年間の結果ですから、
上位にいる県の女性の方でも今後のお天気や環境の変化によっては、

どうなるかはわかりません。

地球温暖化などの影響で激変している昨今の環境やお天気ですからね。

油断することなく、お肌のお手入れです。


上に掲載した、1位の理由、最下位の理由から改めてわかることは、

やはり美肌には、
水分(湿度、乾燥)・日光(紫外線など)・良質な睡眠(生活習慣)が
非常に大きく関係している。ということが見て取れますよね。


となると、やはりお肌に直接アプローチするスキンケア!

ということが非常に大事になってきますね。

20代前半のうちはまだ『若さ』というもので

多少はカバーできるかもしれませんが・・・・・

その後は、お肌に適切な対処をしないと・・・

見るも無残な・・・・・・


今、そんな年齢肌でお悩みの20代後半以降の女性に

非常に人気のある商品があります。

あなたもなるべく早急なお肌の対策が必要なのでは?

 

人気のジェルを参照 ⇒http://gifbin-media.info/